にんにく豆知識  


 

1、黒ニンニク作り方について 

2、Sサイズのすゝめについて 

3、保存方法・皮むき等について

 

 黒にんにく作り方 



黒にんにくの作り方

黒にんにく
 

●用意するもの


1、炊飯器、もしくは保温ジャー

2、忍耐力
 

●作り方



1、にんにくを炊飯器に入れます


2、保温スイッチを入れて10日から14日間放置します。 
保温期間は各炊飯器によって異なりますので味見をして自らのタイミングで取り出してください!
召し上がってみてにんにく独特の辛味がなくなったらOK!



※あまり長く保温しても逆に苦味が強くなり、甘さが失われる可能性があります。
逆に、早すぎても全くおいしくありません。

自らの炊飯器の特性により異なる部分もございますので取り出すタイミングは各自研究が必要かも
しれません。


以上で完成です!!


(※できれば・・
2の後、常温で1ヶ月以上放置しておくと更に熟成が進んでおいしくなります。)

 

●作るのがめんどくさいという方

●ポイント



■炊飯器による差異について
炊飯器もしくは炊飯ジャーには各メーカー各機種によって仕上がりが

水っぽくなったり、

逆に

水分が抜けすぎてしまったり

と差があるようです。


●水っぽく仕上がる場合
対処法1、炊飯器のお釜の底にダンボールを円状にきった物を敷く。
ダンボールが水分を吸ってくれるので水っぽく仕上がるリスクが減ります。

対処法2、1日おきににんにくを天地返しして釜の中の水分をムラなくいきわたるようにしてみてください。

対処法3、定期的に底の方に水分が溜まるので、その水分を捨ててあげてください。


●水分が抜けてしまう場合
対処法1、こちらは炊飯器外側の水蒸気が出る部分にアルミホイルなどで軽く塞いで水分がなるべく抜けないようにしてください。
(※密閉はしないでください)

対処法2、それでもダメなら水を少しだけ足してあげてください。



■底に竹ざる等を敷く
底にこびりついたりするのを防ぐために、
竹ざるなどを釜に合うように自分で加工して敷いてあげると洗浄の際など楽になります。



■Sサイズのススメ

仕上がりにムラができてしまいお困り方
(ex,芯まで熟成しない、ところどころ熟成せず独特の匂いが残りおいしく仕上がらないetc・・・)

それを改善するため、私からはSサイズでの黒にんにく作りを推奨いたします。
特に、初心者の方は是非小さめのサイズのにんにくからお試しください。

Sサイズのすゝめ詳細ページ


■黒にんにくに適した時期

黒にんにくを作る際に最も適している時期は毎年12月から翌6月頃までのにんにくが適していると思われます。

それはにんにくは収穫が年に一度6月から7月にかけて行われます。
その後乾燥処理をして出荷されますが、出始めの頃は水分量が多く、
黒にんにく製作時にどうしても熟成がうまくいかない場合があります。

しかし、

その問題についても上述のとおりSサイズのにんにくで改善されるものと思っております。




■にんにくの作り手の違いによる味の違い

にんにくの味の違いは、黒にんにくにした時に明確に分かる。


にんにくの作り手によって、甘みがあったりなかったり、深みがあったりなかったり・・・

もしご興味がある方は是非当農園のにんにくでもお試しいただければ幸いです。

 

●保存方法


●常温で保存
日陰の風通しの良いところで保存してください。

●冷蔵庫で保存
水分が抜けないよう新聞紙などのくるんで保存してください。
※新聞紙に包んで保存しても、どうしても水分は抜けてしまいます。
そうすると、食感が固くなります。

※好みはそれぞれですが、冷蔵庫に入れて固くした方が好みの方、
また逆にそうでない方と別れるのでお好みでどうぞ。


●冷凍庫で保存
冷凍庫で凍らせて保全することも可能です。
お召し上がりになる際は自然解凍でお召し上がりください。


 

●黒にんにくの調理方法・黒にんにくレシピ


黒にんにくの味が苦手だけど毎日食べたい!!!という方にオススメなのが、
ひき肉やカレーの隠し味として使っていただくことをオススメしております。


◎黒にんにくレシピページへ◎

特に黒にんにくは肉との相性が抜群です。


●例えばひき肉に味が変わらない程度に混ぜ込んで
ハンバーグ等の隠し味にしてみてはいかがでしょう??

黒にんにくは一日に大量に食べなくてもいいので、毎日少しづつ無理なく続けてください!!



その他、レシピなど募集中です。

レシピをご提供いただけた方には粗品もご用意いたしますのでお気軽にご連絡ください!

 

●注意点




■製作過程での匂い
炊飯器に入れて保温していると、にんにくの匂いがかなりでます。

人があまりいないところで製作してください。




■炊飯器が他に使えない可能性
黒にんにく製作後の炊飯器では、場合によっては洗っても匂いがとれず、
ご飯を保温したり炊いたりすることに向かない場合がございます。





■炊飯器の用途外の使い方をしておりますので自己のご判断で。
おそらく炊飯器の説明書にも用途以外には使用しないでくださいと書いてあるかと思います。

今では炊飯器での黒にんにく作りは全国各地、多くの方々が実践しており、
事故などの報告はまだ一度も聞いておりませんが、

製作の際はあくまで自己の判断と責任のもとに行ってください。
 

 


 Sサイズのすゝめ 


 

黒にんにく作り・にんにくの漬物に最適
Sサイズの活用法

にんにくサイズ比較Sサイズ

にんにくサイズ比較Sサイズ
 

 
●予約販売限定です!!
毎年、予約販売期間(4月下旬頃から7月中旬頃)のみの予約販売




●ご家庭での黒にんにく作りや漬物・素揚げ商材・串揚げ・串焼き商材にオススメ

■黒にんにく製作時のメリット
1、熟成が早く、仕上がりも安定

2、贈答用クラスの物も多く含まれているので完成時の見た目もきれいに出来上がります。
※特に黒にんにく作成初心者にはSサイズがおすすめです。


■にんにく漬物制作時のメリット
小さめの方が芯まで漬かりやすく、
キメも細やかでしっかりしているのでこりっとした食感が残りやすい。


■素揚げ製作時のメリット
1、火の通りが早く調理しやすい


■串揚げ・串焼き製作時のメリット
1、火の通りが早い
2、粒が小さいため串ものの料理にも使いやすい。





  ●Sサイズの味について
『にんにくは小さければ小さいほど味が凝縮されていておいしい』
 BY 某イタリアンの巨匠

実際にその通りだと思います。
大きい物より身の締まりもよく見た目もよし。

ただし、
▲デメリットとしては小さく、大量に料理する際は皮を剥くのが一苦労かも・・・・
 




●使いきりサイズ
一玉が小さいから、一かけも小さく、

無駄に大きくないので一度の料理の使いきりサイズでちょうどいいサイズです。




  ※Sサイズのにんにくモニターさんのブログ
(Sサイズにんにくの使勝手の良し悪しやレシピを公開)

miz log

●☆最強なままになるための修行日記☆

●何となく日記

●ベランダ園芸部の読書と料理録

●Mの日記

●やまこの楽しい毎日


 

にんにく豆知識その他情報


 

保存方法や皮の剥き方などについて


 

●にんにくの簡単な皮むき方法(大量に向く方は是非!)

1、にんにくをバラして水に半日から1日つけておきます。 (その際にぬるま湯だとも早くしんなりします。

2、しんなりしてきたら皮をむいていきます!
つるっと向けるので1度に大量ににんにくの皮を剥かれる方にはオススメです!

3、にんにくに触れずに超高速にんにくの皮剥きの仕方
こちらのリンク先をご覧ください↓
http://rocketnews24.com/2014/08/27/480516/
 




●にんにく保存方法

 
1、新聞紙に来るんで野菜室に保存

2、すりおろしてラップ等に小分けにして冷凍庫にて冷凍保存

3、皮を剥いて冷凍庫で冷凍保存
※皮を剥かずに入れても構いませんが、
いざ料理する際には皮を剥いておいた方が
楽かもしれません。

3、の場合、解凍後は身がぺチャペチャっと柔らかくなるので、
フライパンや鍋の上で身をほぐしながら調理できるので楽ちんです!



 

●にんにく調理時短方法

にんにくの丸焼き、素あげ、天ぷら、グリル・・・・
にんにくに火が通るのに時間がかかるような料理の場合

電子レンジ(500w)で30秒ほどチンしてから
天ぷら、グリル等することによって
調理時間の時短になります!

あまり長時間加熱しすぎると食感が変わってくるので、
温めすぎずに是非お試しください!




 

●黒にんにく保存方法

1、常温で保存
その際に袋等からだし、風通しの良い日陰で保存してください。

2、冷蔵庫にて保存
1の場合と同様に、袋やパックから出して、新聞紙に来るんで保存してください。

3、冷凍庫で冷凍保存
解凍時には自然解凍でお召し上がりください。




 

●黒にんにく作り方

ご家庭で作る黒にんにく詳細は以下からご覧ください。
黒にんにくの作り方ページ




 

  ●Sサイズのススメ

Sサイズは小さめの大きさですので、串あげや焼き鳥等に最適です。

小さめのサイズは味もしっかりしていて、大きめよりも私はおいしいと思っております。


その他詳細は
Sサイズのススメページ 
をご覧ください。